ケーキ

美味しい人気のお菓子は口コミ体験談で!

お菓子といってもいろんな種類があり過ぎて一生のうちに全部は食べれないですよね。(できるなら全部食べてたいです!)なので、口コミで今までで食べたお菓子の中で美味しい、何度でも食べたいと思ったものを聞いてみました。食事の回数が限られているなら、すごく美味しいものを食べたいですからね。美味しいお菓子を探している方や、友達や家族などへのプレゼントを考えている方は参考にしてみてくださいね♪

東京バナナシェイク味

パフェを食べる女性この間娘の彼氏に頂いたお土産でばバナナシェイク味でぱっと見はいつものバナナと同じですが、パッケージを取るとバナナのカステラの上に菜の花のプリント柄がとてもかわいいです。味もふわふわのスポンジで美味しくバナナのかおりがお口の中にファっと広がり美味しく頂きました。

なにわやのサンドパイ

私は、兵庫に行った時に大阪の駅で自宅にと買ったおみやげが忘れられない味を覚えて居ます。サクサクとしたパイの中にホワイトクリームがサンドされています。パイにもほんのりと甘くサクッとした食間で噛んだら中からホワイトのクリームがさざ波の様にお口いっぱいに広がり又食べたい味です。何度でも味わいたいです。

やっぱりユーハイム

ユーハイムのバウムクーヘンは甘すぎず、かと言って物足りなさもなく、ちょうどいい甘味で15時のおやつにコーヒーと頂くには最高の贅沢です。触感も柔らかくフワフワで申し分なし。小分けの袋にも入っているので、少しだけ食べたいなって時にもピッタリです。

滝川「おかだ菓子舗」のモンモオ

滝川出身の知り合いの方からいただいたのが最初です。ネーミングは牛の鳴き声からヒントを得ているとか。何の変哲もないいわゆる焼きまんじゅうなのですが、バターの風味香るふんわり生地。中の白あんも口の中でふわっと溶けます。いくつでも食べられます。お店は滝川に2店舗、千歳空港の三越にも商品があるとのことですが、札幌ではなかなか食べられません。たまにしか食べられないので感動が大きいのかもしれません。

パリに売ってあったマカロン

私が大学の卒業旅行で行ったパリに売ってあったマカロンを紹介したいと思います。私が買ったマカロンはものすごく濃い味で甘すぎるぐらいでした。おそらく日本で売ってあるマカロンは日本人の味によせに行っているため本場のマカロンがすごく甘く感じたのだと思います。

大阪に売ってあるチーズケーキ

大阪の難波の商店街に売ってあるりくろーおじさんのチーズケーキを今回私は紹介したいと思います。お店の名前にも行列という名前が記載されているその名前通り、そのお店にはいつもお客さんで列をなしていました。しかしその行列に並ぶ価値があるほどそのチーズケーキには価値があります。

CLUB HARIEのバームクーヘン

CLUB HARIEのバームクーヘンはおすすめなお菓子です。生バームクーヘンと言われている位、素材はすべて天然のものを使っています。そのため、日持ちがしません。程よくしっとりした食感と甘さ控え目で、素材はの味が全面に出ているのが特徴です。美味しいので是非試してみて下さい。

ヨックモックのシガレット

食べる女性小さな頃、お歳暮でもらったヨックモックの缶入りお菓子の数々。四角いものや長いもの。いろんな形で一つ一つ個包装されていて、どれから食べようかとワクワクしたものです。その中で、細長い葉巻のような形のシガレット。

ビニールの袋から取り出す時に折れないように割れないように気をつけて、うまく取り出せたらまずは葉巻を吸うように加えてみます。妹と二人でくわえて煙草のマネをして、笑いながらそのまま食べてしまいます。

その時の味が、今まで口にしたことの無い味わいの焼き菓子です。甘くて香ばしいだけでなく、何かの特別な風味がするのですが、そんなことはお構いなしにジャンケンをしながら取り合いで食べてました。その風味がアーモンドの粉からくるものだと知ったのは大人になってからです。今でも食べたくなり、食べると幼少の頃をくっきりと思い出せる美味しいお菓子です。

クレームブリュレと聞くだけで

わたしは、クレームブリュレという言葉が大好きです。この言葉を聞くだけでまず心がパーっと明るくなります。そしてわたしの目の前に置かれた時からがわたしの至福の時の始まりです。まず、じーっとにら目っ子してカリッと焼かれたピカピカの表面を見てみます。そしてスプーンを手にして、ガチンと割ります。そしてガチンとまた割ります。そうして食べやすい大きさにしたらぐっとスプーンで大きく取ります。なるべく味が広く行き渡るように口の中にいれたら、至福の中の幸せタイム。美味しさが体中に染み渡ります。トロっとした口溶けと、カリっとした表面のアメのコラボレーション。そしてあまさと香ばしさのコラボレーション。わたしを幸せにしてくれる、それがクレームブリュレです。

ねんりん家のバームクーヘン

デパートにいくと、ついついねんりん家のバームクーヘンをお土産に買ってしまいます。大きく分けて2種類あるのですが、マウントバームは外側がカリッとしていてでも中はしっとりで、ストレートバームはしっとりとやわらかくて、私はどちらも大好きです。食べた後に、口の中にバターの香りが広がります。コーヒーや紅茶と一緒に食べると、この上ない幸せです。

岩石シュー

長崎県佐世保市においしいと評判のお菓子やさんがあります。そこで一番の人気は「岩石シュー」というシュークリームです。シュークリームは柔らかいのが定番なのになぜ「岩石」などという硬いイメージの名前なのかというと、見かけが岩石のようになっているからです。そしてシューが普通のより硬く、パリパリしています。にもかかわらず、中のクリームはとろりとして本当に美味しいです。

ケーキ店のキャラメルシフォン。

私が好きなお菓子は、近所のケーキ店のキャラメルシフォンケーキ、ワンホール1000円強です。フワフワシフォンに焦がしキャラメリゼが施してあり、側面に薄いクリームが塗られています。カロリーは高くありませんが、苦みとほのかなシフォンの甘み、そして生クリームの強い甘味と、そのハーモニーが好きです。

かき氷のすすめ

最近は年中提供しているお店もありますが、カキ氷といえばやっぱり夏がおいしいです。なかでもお気に入りは出入橋きんつばのミルク金時です。ミルクがかかった氷のふわっとした食感とあま~く仕上げられたあずきの配分が絶妙です。他のお店のカキ氷を食べ進めるとキーンと頭が痛くなることもありますが、ここと埜庵の氷は痛くなりません。是非お試しください。

イタトマのケーキ!

見たらお分かりいただけると思うのですが1ピースのボリューム!これに惹かれます。普通のショートケーキなのですがいちごがたくさん乗っているし中にもたっぷりのいちごが入っています。ボリューミーなイタリアントマトのケーキですがイチゴがたくさん乗っているので少しさっぱりし、しつこくありません。

クリスピークリームドーナツ

クリスピークリームドーナツの手土産をいただくと、会社で盛り上がります。なぜなら、上陸した時のブームが去った今、自分で買うには少し高いからなとは思うし、季節限定のものは可愛くて楽しくなります。また、甘過ぎるからか男性は断ることも多く、女性は2つ食べることが出来たりと、そこも女性で盛り上がるところです。腹持ちも割りと良いので午後のおやつにはピッタリです。

和菓子大好き

まずなんといっても捨てがたいのは焼き団子です。東京府中の老舗で青木屋というお店があります。そこでは注文すると団子を焼いて出してくれます。みたらしがとても良い味で、癖になります。二つ目は舟和の芋ようかんとあんこ玉。セットが大事!あんこは白あんがおすすめ。芋ようかんはバターで焼いても美味。とろけるような食感はやはり癖になります^_^

もうひとつは青柳のクリーム大福。あんことクリームが大福の皮に包まれています。ミスマッチのようで相性バツグン。なおかつ、冷凍されているんですね。冷凍なんてって思う人いますよね。でも、それは改めるべきです。美味しいんです。目からうろこです。何種類かありますが、どれも絶品。